イラストレーターを目指すなら

job_gaka_illustrator (1)

東京だけでなく、地方でも海外でも一流のイラストレーターを目指すなら、
独学よりも専門学校へ通うことを選んだほうが効率的です。
ユーキャンなどの通信教育でも技術を磨けますが、現場で働く人とのつながりを作ったり、ライバルたちと刺激し合いながら成長することを考えると、やっぱり学校に通うことの方がメリットはあります。
もちろん肝心なのは個人のやる気によりますが、モチベーションを保つにしても、一人でやる作業の場合続かないことが多々あります。

ここでは、イラスト専門学校の魅力についてまとめてみました。

イラストの授業

イラストレーターを目指せる専門学校では、アナログとデジタルの両方でイラストの技術を学んでいきます。
特に、実際の仕事ではデジタルでイラストを作成することがほとんどなので、デジタル技術は必須スキルとなっています。
イラストを描くのに必須とされているのが、Illustrator、Photoshopです。
Photoshopは写真なので、どちらかと言うとIllustratorをメインに使います。
授業での制作過程は、プロと同じ過程を経験することが多いので、卒業後は即戦力として働けるような技術レベルを目指しています。

イラストレーターの種類

同じイラストレーターと言っても、イラストを載せる媒体によって多少違いが出てきます。
ゲームキャラクターのイラストを担当したり、絵本のキャラクターを描いたりと、作風を変える必要も出てきます。
また、キャラクター以外にも、書籍のカバー・ポスター・チラシを描いたりなど、仕事の内容は多岐にわたります。
自分の画風に人気が出れば、フリーランスで活躍することも出来ます。

仕事として

専門学校を卒業することの強みは、技術と知識を確実に学べること以外に、学校を卒業したことが強みとなることにもあります。
就職活動をする際、資格取得が絶対条件となってくるので、在学中に抑えておかなければいけません。
卒業後、企業の社員として働く場合、クライアントの要望に沿ってイラストを描くので、自分の作風を変えなければいけません。
一方、フリーランスのイラストレーターは、自分の描きたいイラストを描けますが、世間に受け入れられることが大前提なので、安定した収入を得るまでは過酷な道です。
フリーランスとしてまず始めることは、出版社に自分の作品を持ち込んで評価してもらうところからです。
受け入れられれば仕事をもらえますし、そうでなければ無収入になってしまう可能性があります。
クリエイティブな仕事には付きものですが、難しいからこそ、張り合いがあると言うものです。

イラスト専門の学校の情報を集めよう